スタッフブログby管理栄養士

年末年始の暴飲暴食をなかったことに!胃腸に優しい食材で疲れた胃腸をリセット①

  • 2018.1.5

みなさま、あけましておめでとうございます。

栄養士冨山です。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

みなさんは年末年始、どのように過ごされましたか?

年末には忘年会、お正月にはおせち料理、そして新年会…と美味しいものの誘惑があちらこちらにあります。

特に、つい食べすぎてしまうお正月は体も頭も動かさないうえに、普段よりも食べ物が身近にあるせいでなんだか最近、胃がもたれる、何となく体が重い、だるいといった症状を感じている方いませんか?

年末年始に、日常よりも多く食べたり飲んだりしたという方は、胃腸に大きな負担がかかった状態なので注意が必要!

私も毎年年末年始の誘惑に負けない生活をするには…と頭を悩ませる一人です。

そこで今回は、年末年始に働きすぎの胃腸の疲れをリセットするための食事をご紹介します。

 

 

疲れた胃腸にはこれがおすすめ!「七草がゆ」でお疲れ胃腸を労わろう ⑴

 

七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払う縁起物といわれ、鎌倉時代ころから、無病息災を祈ってお粥に入れて食べ始められたと言われています。

それより以前の平安時代には、七草ではなく七種の穀物(むぎ、米、きび、あわ、ひえ、ごま、あずき)をお粥にして食べていたそうです。

七草粥は、草を刻む回数も縁起をかついで昔は決められていたという話もあります。

七草の縁起:

セリ …競り勝つ

ナズナ …なでて汚れをはらう

ゴギョウ …仏体

ハコベラ …繁栄がはびこる

ホトケノザ…仏の安座

スズナ …神様を呼ぶ鈴

スズシロ …汚れのない純白さ

 

 
ただ単に縁起をかつぐだけではなく、七草にはカラダにも嬉しい働きがあります。
働きについては次回紹介します。

カテゴリー:妊活期