株式会社ラヴィコーポレーション 未来のいのちを育む会社

薬膳研修で学んだことを実践!~そろそろ涼燥かな…~ 

  • 2018.10.18

こんにちは!ラヴィ スタッフの生杉です。

先日、三重県の名張まで用事があっていってきました。

長そでTシャツ+トレンチコートと完全に秋の装いだったのに、あちらでは、もう寒いくらい。

大阪にいると、日中でもまだ暑いと感じますが、着々と秋が深まっていたのですね。

 

前に温操のお話をしましたが、薬膳ではそろそろ【涼操】がやってきているようです。

要は空気が冷たくて、乾燥している状態。

温操の時にはまだ体を冷やす食材を使っていましたが、涼操から今後冬に向けては特に、【体を潤す】ことと【カラダを温める食材】

を意識して使っていくようにします。

 

潤す…といえば、「生野菜サラダ」「青汁」「スムージー」が出てきそうですが、これは、完全に体を冷やしてしまうのでNG!!

冷え性の人は特に気を付けてくださいね。

 

 

 

同じサラダでも、蒸してあったかい野菜にしたり、

青汁やスムージーはあたたかい麹甘酒やホットはちみつレモンにかえてみる。

 

意識して生姜やニンニクなどの温まる香味野菜を入れてみる。

山芋や、レンコン、ゆりね、大根、はちみつをとってみる。

 

 

自分の身体を見つめ直して、調理法や食材をちょっとだけ変えてみる。

 

 

それだけなのに、薬膳を知らなかった頃の自分より、今の自分の方が、カラダがとっても元気になったという実感があります。

平熱が35度台で、手も年中冷えまくっていた私ですが、今は36度台にまでなりました♪これも薬膳効果かな。

 

是非、皆さんにも知って、そして何より実践してもらいたい。

改めてそう思う今日この頃なのでした。

 

 

カテゴリー:専門家研修

会員限定コンテンツ
TOP