株式会社ラヴィコーポレーション 未来のいのちを育む会社

スタッフブログby利波直子

個人のキャリアの8割は◯◯◯によって決定される!?

  • 2019.1.30

今月の朝礼のスピーチテーマは「女性とキャリア」

 

私は、メジャーなキャリア論のひとつ
クランボルツの「計画された偶発性理論」を紹介しました!

 

「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される」

という理論です。

 

えー…じゃあプランニングとか意味ないの?と思うかもしれませんが、

そうではありません!

 

これをきちんと知っておいて、

予想もつかない出来事を恐れず対応できるようになることで、

「偶発的なこと」がチャンスに変わります
という理論なんです。

 

この理論が生まれたのは20世紀後半。

 

今見える状況から判断してこれだと将来を決めて進むには
世の中の変化がありすぎるという
背景がありました。

 

2019年に入った今は更にそれが加速していますね!

 

今見えることだけで決めこんでしまうと逆にチャンスを失う可能性もある、
ということをクランボルツは考えたのです。

 

今の小学生が大人になる頃には
半分以上の人が今はまだ存在しない職業についている、

なんていう話もありますしね。

 

特に女性の場合は、
妊娠や出産のタイミングや
家族の事情、
パートナーの仕事など、

自分一人ではプランニングしきれないものが元々あるので、

この考え方はしっくり来るかもしれません。

 

この理論のポイントは、

私たちの人生は
予想もつかないことがチャンスとなりうる
だから、
チャンスを起こすような行動をしよう

予想もつかない出来事をチャンスに変えられる心構えを持っておこう

というところです。

 

クランボルツは、予想しない出来事をチャンスに変える行動指針として
以下の5つを挙げています。

 

①好奇心…新しいことにアンテナを立てよう

②持続性…失敗しても諦めず努力し続けよう

③楽観性…この機会はきっとチャンスになるはずだと捉えよう

④柔軟性…こだわりを捨て、新しい出来事に対して考え方や行動を変えてみよう

⑤冒険心…失敗するかもしれなくてもリスクをとって行動してみよう

 

改めて整理してみると、
この5つの姿勢は、今の自分の仕事にもバッチリ当てはまるんです!!!

 

自分がラヴィに出会ったときのこと、
それから今までのことを
愛おしく思い出しました。

 

パパ&ママカレッジHugMeでの講座でも「備え」の大切さをお伝えしてるし、

企業や学校向けのセミナーでも

将来を描く大切さを感じていただくワークを入れることが多いのですが、

「備え」にもいろいろな種類があるんです。

 

予想もしないチャンスを起こすために行動をする、というのも「備え」なのです!

 

そして…

もし、今、こんなこと起きちゃった、無理ー(泣)
と嘆いてることがあるとしたら、

“それを「今後の私をつくるチャンスかも」と捉え直せるか”

その選択が、私たちの将来をつくるのですねー

 

 

 

この写真は、岩手県盛岡にある、天然記念物の「石割桜」

まさか、桜もこんな所で根を張るとは思ってもいなかったでしょうが、

種が落ちたのがこんなところだったのですね。

お蔭で天然記念物になっちゃいました!

 

会員限定コンテンツ
TOP