株式会社ラヴィコーポレーション 未来のいのちを育む会社

スタッフブログby利波直子

勉強会で仕事スキルの共有

  • 2019.3.1

こんにちは!
ラヴィスタッフの利波です。

 

昨日は全員集合の月末会議。
その後勉強会として利波が講師を担当しました!

 

お題は
「仕事の効率と精度が上がり、考える力が鍛えられるノート術」

 

 

 

先月、私が個人で講座を受講し、それを実践してみたところ、
自分自身で大きな変化を感じたことから、
それを共有内容としました。

 

講座でこのノート術を学んで気づいたことは、

 

・私はこれまで記録としてのメモしかとっていなかった!?
・優先順位や判断が分からなくなるのは、脳のワーキングメモリの無駄遣いで

脳を使えなくなっていたからだった!?
・書きながら自分なりに考察することで頭の整理や記憶への定着が出来る!?
・毎回「行動」まで導き出す!?
・見直す前提でノートを書くといい!?

 

などなどなどなど…!

 

私にとっては、新しい発見が盛りだくさんでした。

 

丸一日学んでもその帰り道は書けるか不安で、
これでいいのかなぁと思いながら書き始めたところ…

 

割とすぐに

 

★あれ?後回しにしてたことがドンドン片付いていく!

★あれ?目の前のことだけではなく、物事の先まで考えられるかも!

★あれ?周りの人たちのことを考えられる余裕が出てきた!

★あれ?不安が減った!

 

などの実感が出てきました。

 

脳のワーキングメモリの無駄遣いで
本当に使うべきところに脳を使えていなかったのだなぁと
実感しています。

 

優秀なコンサルタントたちは、まずPCに向かうな、と言われているそうです。

 

こうしたノートを何枚も書き直して本質や課題を絞り込んでから、PCで清書するのだそうです。

 

手前味噌ではありますが…
ラヴィの同僚たちはそれぞれに強みをとても持っていると思います。

今回は私が、変化を実感したので共有しましたが、ほかのメンバーの工夫も是非知りたい。

 

社内勉強会はとても良い機会だと有り難く思っています!

カテゴリー:ラヴィでの出来事

会員限定コンテンツ
TOP