株式会社ラヴィコーポレーション 未来のいのちを育む会社

我が家の0~3歳の食育

  • 2020.6.12

こんにちは!ラヴィスタッフの生杉です^^

6月は、「食育月間」だそうですよ!!

なので、私も我が家の「食育」について触れてみようと思います。

 

 

❶なんでも作って見せてみる

なんでも買えちゃうのが今の世界。

でも、「家でもなんでもつくれるねんでー」という感覚を今のうちに刷り込んでおこうと、

あえて作って見せています。

日頃のご飯もそうですが、たまに朝食にパンをつくったり、おやつを一緒に作ったり

いつぞやの朝食用に作ったパン

 

 

あとこれからの季節は「梅ジュース」「シソジュース」「らっきょ酢漬け」

などの季節ものを仕込んだり…

 

シソジュース・梅ジュースは暑い夏に子供たちに大人気!

 

余計な保存料とか添加物に慣れすぎないように…という

気持ちもあります。

 

 

 

❷体験

芋ほり、ワラビ摘みなど、遊び代わりに体験をよくします。

こないだは「釜でご飯体験」をやってみました♪

私にとっても初挑戦!

 

 

 

❸色んな味に挑戦!

今年初めて使ってみた

ルバーブとビーツ

左がビーツ  右がルバーブ

これはジャムですが、ビーツはスープも意外と好評!

映えない写真ですみません…

 

あげる前に「もう食べさせてもいい年齢なのか!?」という事を必ず調べますが、

とにかくいろーーーーーんな種類の味の経験をしてもらっています。

 

 

 

 

 

うちの「食育」かなーと思うことを書いてみたのですが、

実は、私が一番楽しんでいたりするんですよね(笑)

 

そして、こどもって本当によく見て、よく感じていて、

私が本当に楽しんでやっていることには

「なんだなんだ!?!?」とすごく興味を示して、勝手に参加してくれます。

 

 

「食育」っていう言葉がなんだか固くって、

「教育しなくっちゃ!!」と難しく考えがちですが、

多分根本はもっと単純なこと。

 

 

「食」=楽しい!大好き!!

が伝わるような生活をこれからも続けていきたいですね^^

TOP