株式会社ラヴィコーポレーション 未来のいのちを育む会社

魅惑の中医学の世界^^

  • 2021.4.1

ラヴィスタッフの生杉です!

よくラヴィブログにも食のお話を載せていますが、
今日は
「なんでそんなにオススメなのか」
「なぜ私が薬膳や中医学にはまったか」

についてお話しようと思います。

 

 

 

 

もともとラヴィに入るまでは、高校卒業からずーーーーーっと飲食の世界にいた私
(バイトを含めると、18歳~32歳??)
立ち仕事&なかなかの長時間労働(6:00-23:00とか10:00-01:00とか)週一あるかないかのお休み。
今はどう変わっているかわかりませんが、
当時、私のいた場所ではそれが当たり前でした。

 

その時、疲れがたまってか、たまに体調不良になり

休憩時間に病院に足を運んでも、
何かしら検査をされ、「特に異常なし」と結果が返ってくるだけ。

 

こちらの気持ちとしては

【えっっ!?!?こんなにつらいのになんで!?!?】

っていう気持ちですが、
【検査】で結果が出ない以上、病院には全く相手にしてもらえず、何の処置もないまま。
しんどいのに、むしろ嘘つき扱いされるわと散々で、

いつしか【いったところで病院はなんもしてくれない!!】と立派な病院嫌いになりました(笑)

 

 

 

 

でもつらいものはつらい。。。
そんな時たまたま出会ったのが、「中医学」でした。

 

 

 

勉強をしていてわかったのは、
私が感じていた不調は全部中医学でいう【未病】に入ってしまい、
そりゃ、普通の病院にいったところで相手にされないわな

という事実でした(笑)

 

 

ちなみに、【未病】とは、中医学独特の考え方で、
「病気になる前の段階」のこと。
位置づけとしては、【健康】と【病気】の間のグレーゾーンです。

 

でも【未病】だって、立派な体の反応。

これをないがしろにしてしまうと、本当に病気に変わっていきます。

一旦病気になれば、そりゃ病院で対応をしてもらえますが、
そもそも、

わざわざ症状が病気になるまで待っておく必要ってないと思いませんか?

 

 

常日頃から、自分のからだからの反応(顔色・痛み・症状など)を丁寧に受け止めて、

「あっ今自分のからだはここが疲れてる」
「こんなことに気を付けよう」
「こんな食材食べよう」
「こんなマッサージしとこう」

 

と日常生活にほんのちょっとだけ工夫を加えるだけで、
見違えるほど、体がすごく楽になりました。
(多分、ラヴィの同僚たちは、私が弱っている姿をあまり想像できないと思います(笑))

整えてみると、体はすごく軽い!
今まで自分が普通だと思っていた体の重さが実は普通じゃなかったんだ!!と整えてみて初めて知りました。

 

自分で体調を作っていけるってすごいことだと思いませんか!?!
それが私の中医学にはまった理由です^^

 

 

ちなみに、「なんかだるい」だって、立派な【未病】です。
「むくみ」も「片頭痛」も「やる気が出ない」も「しみの増加」も「眠りが浅い」も「疲れやすい」もぜーーーんぶ

【未病】

 

 

これはどうしようもないことだから…

なんて、あきらめていませんか!?

 

あきらめてしまう前に、
一度くらいは「中医学」を一緒に知って、楽しめたらいいなと思っています^^

HugMeでも数カ月に1回くらい「薬膳」や、「鍼灸」などを取り入れたクラスも開催していますよ^^
(今後は妊活さん対象の講座も増加!!)


ベビーのホームケア講座♡

 


ベビー薬膳★

 

 

ご自身の体調のために。

大事な家族のために。

可愛いわが子のために。

 

中医学を日常の生活にぜひ取り入れてみてくださいね★

TOP